お肌のシミです

ガングロって言えば、一時は大ブームになりましたね。

そんなガングロですが、今頃になって、再び流行の兆しを見せています。

安室奈美恵さんの影響もあるかも知れませんが、一つのスタイルとして定着を見せ始めた感じもします。

ですが、どうも引っかかるのは、お肌のシミです。

人それぞれで違いがあるとは思いますが、ガングロをやめた後は、ガングロではなかった人とくらべて、多くのシミが目立つようですね。

なお、ビタミンCには美白作用があると言うことで、輪切りのレモンを顔に乗せて、レモンパックをすることが以前に流行りました。

ですが、これも逆にシミの原因を増やしてしまうので、もう誰もつかっていません。

なぜなら、レモン果皮の成分を直接肌につけると、紫外線が当たったときに、皮膚にダメージを与えてシミになるからです。

もしも、美白やシミ予防の効果をレモンでねらうならば、日々の食事の中に上手く取り入れるようにしてください。

肌の調子が悪い、シミがもとに戻らない、など鏡の中の顔を見ながら思うようになったら、三食毎日食べるご飯の内容を変えてみるのもいいですね。

毎日の食べ物が変わると、肌も目で見てわかる程の変化を表します。

そして、シミやシワなどの、肌トラブルの改善も期待できると言われています。

毎日食べる食事の質が、私たちの肌荒れや肌の質を決めるのです。

まずは難しく考えずに、「暴飲暴食をしない」といった辺りから始めて、それから毎日の食事の内容を考えるようにすれば良いと思います。

これは地味ながらも、究極のアンチエイジングだと言っても良いでしょう。

その効果は、肌にはっきりと表れるはずです。

特に乳製品の中でも、ヨーグルトは乳酸菌やビタミンB、フルーツ酸などを多く含む食品です。

乳酸菌は、腸内で有害な物質の発生を抑え、お肌の健康を保つはたらきがあります。

また、ビタミンBは、お肌のターンオーバーを活発にする作用があるのです。

さらに、フルーツ酸は、皮膚表面の古い角質層が緩んで、はがれやすくする役割を持っています。

このような栄養素の摂取が、シミやくすみ対策と美白に効果を期待できるため、シミやくすみ減少に有効な食べ物なのです。

よく若い人にありがちですが、あまり自分の肌に頓着せず、肌のケアもしないで、若いしまだまだ問題はないと思っていることでしょう。

ですが、例え20代の肌であっても、お構いなしに自然とシミやシワはできます。

シワができる原因は、主に紫外線や乾燥が肌に与える損傷ですが、それに加えて、日々のダメージの蓄積が、肌にとって大きな問題なのです。

そのため、ハリのある健康な肌をできるだけ長くキープしたいなら、20代であっても、日々のスキンケアを行なうべきなのです。

ちなみに私の場合は、スキンケアはジャムウソープの効果で実感できています。

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク