アトピーが昔からのコンプレックスです

わたしは昔からアレルギー体質で、またアトピーを持っています。

大人になった今でこそ保湿をしながらやり切れるような程度にはなってきましたが、小さいときは痒みがとまらず血が出るまで掻き続けてしまっていました。

もう、これは生まれ持った体質に近いので、自己管理と一緒に長く付き合っていかなければならないのかな、とも思っています。

しかし、今になって昔の頃にむしり掻いていた箇所が色素沈着をして、水着を着る場面や肌を出すときにすごく後悔する事があります。

あのとき、もっとちゃんとケアをしてたらこんな汚い色にはならなかったのかな?と思ってみたりもしました。

わたしにとってはそれはひとつのコンプレックスに近く、いろいろ調べてはこれはどおなんだろう?と考える日々です。

わたしのこのアトピーによる色素沈着は、外敵から身を守ろうとする反応として、メラニン色素が生み出されてしまっているんです。

なので、わたしはなるべくピーリングなどの刺激を与えるタイプの黒ずみ予防は避けるようにしています。

今、自分がしていることといえばサプリメントとしてビタミンCを取ることと、ターンオーバーを早めるためにヘパリン系の外用薬を塗ることをやっています。

このヘパリン系の外用薬とは例にあげてヒルドイドなどが当てはまり、そこの血流を良くすることで代謝をあけで早く治そうとする働きをしてくれています。

頑張らないで痩せる方法と一緒にこの様な対策を続けてからもう数年経ちますが、少しは良くなっているんじゃないかと感じています。

いつか、自身の持てる肌にするために頑張っていきたいです。

 

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク