インフルエンザ脳症と乳酸菌の働き

最近では、1歳から5歳くらいの幼児が、よくインフルエンザといった病気に感染しますよね。

そして、熱が出た後、急にけいれんや意識障害、または異常行動等の症状の現われるものがインフルエンザ脳症というものです。

インフルエンザ脳症は、命にも関わってくる深刻な疾患であり、治った後に後遺症が残ってしまう場合もまれにあります。

また、インフルエンザは、ワクチンだけですべて防ぐことはできません。

インフルエンザの正しい予防としては、常日頃から乳酸菌を摂取していくことで免疫力がアップして、軽い症状にする効果があるそうです。

そんな乳酸菌の働きは、最近ではアトピーの症状の改善がされる可能性もあるようです。

腸内に進入したアレルギーの原因物質には、IgEという抗体が出来る性質があります。

この数値が少なければ問題ありませんが、このIgEという抗体が多く発生してしまうことで、過剰反応を起こしてしまい、アレルギーが起こってしまうのです。

つまり、これがアトピー症状を引き起こす原因だといわれていますが、乳酸菌には、IgEが大量に生産されることを防ぐはたらきがあるといわれています。

乳酸菌の選択方法としては、とりあえずは、これ!と思う乳酸菌の入ったヨーグルトやドリンクなどを試してみるといいですね。

このごろは、変な味のしない乳酸菌ドリンクもあるほか、はぐくみオリゴ効果みたいな乳酸菌サプリというものもあったりします。

私の場合は、腸まで届くという乳酸菌飲料を初めて口にしたら、次の日の朝、トイレから出られなくなってしまったので、試すのは休日前がいいかも知れません。

しかし、身体に乳酸菌が良いことはわりと知られた事実ですが、一方で効かないという説もあります。

これについては本当かどうかなんて、まだ十分に解明されていないのでわかりません。

それに、あくまでも乳酸菌は菌であって、すぐに効く薬ではないからです。

そのため、はぐくみオリゴ効果みたいに、自分に合うものかどうか試してから判断するべきです。

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク