家おでんの作り方とコツは奥が深いです

テレビの料理番組があった日は、必ずそれに関する食品などが売れたりするものです。

先日もテレビでおいしくおでんを作る方法というものがあったのです。

街のインタビューでも家のおでんは美味しくないと思う方が多いようです。

実際に私もお店で食べるものと比べると美味しくないなと感じてしまいます。

そんな家おでんを上手く作る方法というものをテレビでしていると実際にこの方法で作ってみようと思うのです。

おでんって簡単で詰め込んでにておくだけでできるイメージがあります。

実は色々とコツがあったりしてそれをするだけで美味しくなるようです。

だしの取り方にも順番があり火をつけないでおいておくだけなど奥が深いです。

昆布を水につけてだしを取りその後火をつけ時間がたつと昆布を取り出しかつおをキッチンペーパーにくるみつけておくと指示があったのでその通りにしてみたのです。

食品の本来の美味しさを生かすためにあえて薄くするようです。

教えていただいた食品会社の方は、実際にお店などでおでんを出している方などに色々調査して聞き出しそれらをまとめていったのです。

簡単なように見えてちょっとしたこつで違うものだと思ったのです。

おでんの具材もコツがあり下処理などにも気を付ける点がありそれらを守り具材を煮込むのも順番通りに煮込むというのです。

やはり、白井田七 口コミじゃないけど、お店の味というものは手間暇をかけているというのが伺えます。

実際に家で作ってみて美味しさが断然違ったので納得です。

こういう家で作るけどイマイチなもののコツを教えてくれる人がいてくれると助かります。

もっとテレビでもこのような特集をしてほしいと思います。

 

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク