ポケットwifiはそもそもどういう仕組みなのか

ポケットwifiはそもそもどういう仕組みなのか

ポケットwifiをONすれば、周辺にある機器が無線でインターネットにつながるようになるというのは、考えてみれば不思議なことかもしれませんね。ポケットwifiはいったいどういう仕組みで動いているのか、あらためて勉強してみましょう。

基地局の電波を拾って中継するのが仕事

ポケットwifiは、基地局から飛ばされている電波を拾って各機器に中継するのが仕事です。無線なのでわかりにくいかもしれませんが、家に固定回線を引いてパソコンをインターネットにつなげるのと基本的には変わりません。自宅にインターネットを引く場合、家の近くにある電柱などから専用の回線ケーブルを家の中まで引き込んで、それをモデムなどにつなげますよね。家の中で無線を使っている人なら更にわかりやすいと思いますが、モデムの先にルーターをつなげると、家の中のパソコンやスマートフォンなどはケーブルをつなげなくてもインターネットにつながります。そのルーターの役割をするのがポケットwifiなのです。

モバイルルーターというのが本当の名称

そもそもポケットwifiというのはワイモバイルの商品名で、正式にはモバイルWi-Fiルーター、モバイルルーターなどと言います。ルーターというのは、簡単に言えば違うネットワーク同士をつなぐ中継機器のこと。Wi-Fiルーターは、Wi-Fiに対応した機器を、無線でインターネットに接続するための中継器です。パソコンやスマートフォン、ゲーム機など、さまざまな対応機器を同時にお互い問題なくインターネットに接続させることが可能で、無線のためある程度離れた場所にあってもつなげることが出来ます。このルーターを外出先などにも簡単に持ち歩けるようにしたのがポケットwifiなのです。

電波を使用するのには契約が必要

基地局から飛ばされている電波を利用するためには、契約して利用料金を支払う必要があります。残念ながら、ルーター本体だけがあれば自由に電波を使えるというわけではありません。スマートフォンを契約しているのだから、わざわざポケットwifiまで契約する必要はないのではと思う人もいるかもしれませんね。でもスマートフォンの速度制限はかなり厳しいので、動画などを見るのに契約GBの上限を気にして好きなだけ楽しめないという人なら、そこから解放されるメリットがあります。通信量を気にせず自由にインターネットを楽しみたいという人から人気が集まっているのです。

まとめ

ポケットwifiは、基地局から飛ばされている電波を拾って、Wi-Fi対応機器を複数同時にインターネットにつなげられる仕組みになっています。使用には契約が必要ですが、大容量のデータを自由に使いたい人にはピッタリの仕組みと言えるでしょう。

比較ページへのリンク画像