ポケットwifiを使う時には違約金のことも知っておきましょう

ポケットwifiを使う時には違約金のことも知っておきましょう

ポケットwifiは月額料金も安く、使いやすいツールとして人気があります。数年間使い続けることを前提に、初期費用がかからないサービスも数多く用意されているため、契約期間については知っておきましょう。違約金を払わなくても良いように、プラン内容についてしっかりチェックしておくことが大切です。

ポケットwifiで違約金がかかる原因とは

契約を行う前に、プランをチェックしていると2年間や3年間の利用を前提とした、お得なプランが用意されていることがあります。このプランは指定された年数の間、使い続ける必要があるプランです。もちろん途中でどうしても解約したい場合は解約可能ですが、その場合は違約金がかかることになります。違約金は数万円ほどかかることもありますし、短期間で利用が中断する可能性があるなら契約期間の定めがないプランを選択することが重要になります。もちろん、違約金がかからないタイミングも存在します。契約期間が終わる時に解約すれば、問題はありません。

解約のタイミングについても確認を

契約解除を行う時、違約金がかからずにポケットwifiを解約したいなら契約終了の当月か翌月のどちらかになります。ポケットwifiの業者によって違約金不要の月が契約終了月か、その翌月になっているかは異なりますので確認しておきましょう。ですが短期間で解約するのと異なり、数年以上続けた後に解約する場合には違約金も少額になっているケースがほとんどです。あまりにも短期で契約解除をしないのであれば、ポケットwifiの違約金はそれほど怖いものではありません。最初の数年間は割引価格で利用できることも多いため、更新月を覚えておくのがベストです。

ポケットwifiの解約の際に困らないためにも

契約終了以降の解約金は、基本的にどこの会社も9500円となっています。更新月に解約する方がお得に乗り換えができるため、良く使う端末のカレンダーに設定しておくなど、事前に準備をしておくことが望ましいでしょう。ポケットwifiは数年間使う予定がある人なら、十分に利用価値のあるツールです。特に工事が不要ですぐに使えることから、一人暮らしを始める学生などにも最適のプランが用意されています。通信料金もまとめられるので節約にも役立ちますので、長期間使うつもりで契約しておけば十分に元は取れるでしょう。プラン内容は各会社で異なるため、安いプランを探してみましょう。

まとめ

ポケットwifiを使う時には、違約金のことも念頭において契約を行うことが大切です。ですが短期で解約しないのであれば、それほど高い料金にはなりません。更新月を覚えておけば、お得に乗り換えることもできるでしょう。

比較ページへのリンク画像