ポケットwifiは地下鉄でもつながるのか

ポケットwifiは地下鉄でもつながるのか

ポケットwifiの購入を検討している人の中には、地下鉄の中でもちゃんとつながるかチェックしている人も多いでしょう。自分の通勤通学ルートのほとんどが地下だという場合、使いたい時に使えなくては困りますよね。果たして実際のところはどうなのでしょうか。

電波は基本的に地下やトンネルは弱い

まず、モバイルルーターは基地局から飛ばされている電波を拾ってWi-Fi変換をしているわけですが、基地局から出ている電波は基本的に地下やトンネル内では弱くなる傾向があることは否めません。高層ビルなどもそうですが、いかなる電波も建物に囲われている環境ではどうしても届きにくくなります。そこで、利用者が多い場所には電波を届かせる仕組みを設けたり、基地局を増やすなどして各社とも強化をしているわけですが、日本全国すべてが網羅されている環境とはまだまだ言いがたいですね。ただ、鉄道に関しては、各鉄道会社が通信各社とがかなり協力体制を敷いているので、通常であればつなげるのが難しい場所でも、しっかりフォローされている傾向にあります。

地域差はあるもののつながるのが基本

地下鉄でポケットwifiをつなげようとした場合、通信会社としては電波を飛ばす基地局の数を増やすしか手段はありません。もちろん鉄道会社との連携が必須ですが、近年ではかなり積極的に基地局の工事を強化している会社がほとんどです。一部の地方ではなかなか難しいところもあるかもしれませんが、利用者が多い鉄道であれば、ほぼ間違いなく鉄道会社と通信各社が連携して基地局を増設しています。都心部であればおそらく、利用者は自分が地下にいるのか地上にいるのかなど気に留めることもなく、SNSや動画配信サービスなどを利用出来ているのではないでしょうか。

安定した速度を実現することが課題

最近では、携帯が普及しはじめた時代のように、ちょっと地下に潜ったらすぐに電波が届かなくなるようなことはほとんどありません。ポケットwifiも、せっかく買ったのにつながらないなどというシチュエーションはほとんど無いと言えるでしょう。ただ、地下のどこでも地上とまったく同じようにつながるかと言えば、さすがにそこまでは求められない部分もあります。一番のネックは安定性で、各社とも場所によってつながりやすさに差異があったり、つながっても安定した速度が出なかったりする事は否めません。駅の中であれば問題がなくても、電車で移動中だと電波が不安定になる場合もあるでしょう。ただ、国もトンネル内など通信空白地域を無くすために補助金を出して対応を進めていますので、近い将来解消されるべき点だと言えるでしょう。

まとめ

ポケットwifiは、地下鉄でもつながるよう鉄道会社と通信各社とが連携して基地局を増設していますので、近年非常につながりやすくなっています。地域や電車での移動中などどうしても通信速度が不安定になる場合もありますが、近い将来改善されるべき点と言えます。

比較ページへのリンク画像