ポケットwifiのエリアは都市部は問題なく網羅

ポケットwifiのエリアは都市部は問題なく網羅

ポケットwifiを利用してネット接続をするのは、住んでいるところが中心になるでしょう。都市部のエリアはほぼ網羅されているので、自宅などで使うのに困ることは少ないでしょう。できるだけ新しい機種を利用すると良いでしょう。

山間部を除くとほぼ網羅されている

インターネットを利用するとき、自宅でADSLを利用することもありますが、外出先で利用したい場合もあります。外出先では必ずしも無線LANが利用できるわけではありません。そこで利用したいのがポケットwifiです。こちらを持っていれば、自宅でも外出先でもネット環境を得ることができます。気になるのはエリアですが、大都市やその周辺なら山間部を除くとほぼ網羅されているといえます。東京であれば23区内は完全に網羅されていて、西部の山間部などになると少し入りにくいところが出てくるかもしれません。ただ、大きな幹線道路沿いなどは入るようになっています。

基本は4G回線が利用でき3G回線も可能

記事のイメージ画像

モバイルタイプのWifi会社は、携帯電話会社が提供しているサービスとそれ以外の会社が提供しているサービスがあります。ただ、それ以外の会社も現在は携帯電話会社のグループ会社になっています。単に形だけグループになっているだけでなく、サービスでも相互に利用できる仕組みがあります。ポケットwifiの場合、基本的なサービスは4Gエリアになり、地図を見るとそれなりに通じないところが見られます。ただその他の地域は3Gで対応しています。これはグループ会社の携帯電話会社が行っているところです。こちらも合わせると、かなり網羅されます。

機種によって使える電波が異なる場合

携帯電話がどんどん登場しているように、モバイルWifiの端末も新しいものがどんどん登場しています。新しくなれば当然以前のタイプよりも性能が良くなります。通信会社もより質のいい通信を提供するために、高速の電波が受けられるようにしてくれています。ポケットwifiを利用するとき、機種によって使える電波が異なる場合があるので注意が必要です。古いタイプの端末だと新しく提供されている領域の電波が受けられない可能性があります。通信会社としては提供エリアになっているのに、つながらない場合があります。それを避けるのであれば、最新の端末を利用しましょう。

まとめ

外出先でもネット接続が可能なのがポケットwifiです。首都圏などの都市部はほぼ網羅されているので、エリアで悩むことはないでしょう。古い機種ではなく、新しい機種を選ぶようにすれば、高速の電波も受けることができます。

比較ページへのリンク画像