ポケットwifiを紛失してしまった時にはどうすればいいか

ポケットwifiを紛失してしまった時にはどうすればいいか

ポケットwifiは、そのネーミングの元となった通り、ポケットに入れて外に持ち出せるくらい便利な機器です。小さくて軽いのでとても利便性は高いのですが、それだけに紛失してしまうトラブルが少なくありません。もし失くしてしまった場合には、どうすればいいのでしょうか。

慌てないでまずやっておきたいこと

あるはずのものがないとなれば、誰でも頭はパニックになります。しかもそれが電子機器ともなれば尚の事、嘘であって欲しいとカバンの中を何度も探してしまうのは誰しもが同じですよね。ポケットwifiが見当たらない、どうも紛失してしまったらしいという場合には、慌てないでまず契約会社に連絡をしましょう。サポートセンター、カスタマーセンターなど契約会社側で専用の窓口が用意されているはずですので、そこに電話連絡をして紛失の事実を伝えて下さい。会社側では回線を一時停止し、第三者が勝手に使用出来ないよう対策を打ってくれます。ただ失くしただけだと思っていると思わぬトラブルに巻き込まれてしまうケースもあるので、必ず事前に回避しましょう。

見つからない場合警察に紛失届を提出する

失くしたり落としたりした時でもすぐに出て来る場合もありますし、自分の勘違いという場合もありますので、端末が無事手元に戻ったら再度契約会社に連絡をして、回線を利用出来るよう手続きを行えばOKです。ただ、いくら探し回っても見つからないという場合は、警察に紛失届を出すことも必要です。交番や警察署で受け付つけてもらえますので、届出をして受理番号を取得しておきましょう。本体に特徴を付けておくと判別がしやすいので、ポーチに入れたりオリジナルの目印などを付けておくと良いでしょう。受け取り時には印鑑と本人確認書類が必要となりますので注意しましょう。

紛失に対するサポートを行っている会社は少ない

記事のイメージ画像

端末の自然故障や水漏れなどの物損に対する保障はあっても、紛失に関しての保障はない会社がほとんどです。中には自然故障だけでなく紛失や盗難などにも対応してくれる会社もありますので、どうしても心配だという人はそうした会社で契約時に保証サービスに加入しておくことをお勧めします。一般的に、失くした場合は解約して再契約という形になりますが、契約期間内の場合は解約金も発生するので注意が必要です。解約金、端末代、初期費用など出費がかさんでしまうので、やはり基本中の基本は失くさないよう厳重に注意するというのが最優先事項でしょう。

まとめ

ポケットwifiを紛失してしまった場合は、まず契約会社の窓口に電話連絡をして、回線の一時停止手続きを取りましょう。その後端末が見つかれば、再度連絡をして利用を再開すればOKです。どうしても見つからない場合は警察に紛失届を提出することも必要です。契約期間内は解約金が必要ですし、再契約時には初期費用などもかかりますので、まず失くさないよう細心の注意を払うのが基本です。

比較ページへのリンク画像